ページの先頭です

広報・広聴

平成29年度水道週間行事「みんなでつくる水源の森イベント」

 東京水のふるさと“水道水源林”について、その役割や大切さ、水道水源林を守るための水道局の取組を知っていただくために6月に4回「みんなでつくる水源の森イベント」を開催しました。

日時 会場 主な実施内容
6月3日(土) 立川タクロス広場

<全日開催>

  • ペッパーによる水道水源林カンタン講座
  • 水道水源林のはたらきを学べる水道水源林体験ラリー
  • 水道水とミネラルウォーターの飲み比べ

<6月3日のみ>

  • 小泉首都大学東京特任教授、醍醐水道局長(当時)、水の天使によるトークショー

<6月24日のみ>

  • 木の彫刻を作成するチェーンソーアートショー
  • 地域水道キャラバン
6月17日(土) 東京タワー
6月18日(日) 新宿駅西口
イベントスペース
6月24日(土) 奥多摩
水と緑のふれあい館

6月3日(土) 立川タクロス広場

写真:水道水源林PRトークショー
水道水源林PRトークショー(右から、醍醐水道局長(当時)、小泉首都大学東京特任教授、水の天使)
写真:お客さまで賑わう飲み比べブース
お客さまで賑わう飲み比べブース

 イベント初日である、6月3日(土)はJR立川駅北口の“立川タクロス広場”で実施しました。夕方、風が強くなった影響もありましたが、天候に恵まれ、600名程の方にご参加いただきました。
 会場では、水道水とミネラルウォーターの飲み比べのほか、水道水源林の働きを学ぶ水道水源林体験ラリー、ペッパー(人型ロボット)による水道水源林カンタン講座など、様々なコンテンツを用意し、水道水源林について紹介しました。
 この日は、小泉首都大学東京特任教授、醍醐局長(当時)及びミス日本「水の天使」宮崎あずささんによる、水道水源林PRトークショーも実施し、お客さまで賑わう会場の中、出演者の3人には、水道水源林の役割や大切さ、水道水源林を守る水道局の取組について、熱く語っていただきました。
 トークショーを聞き終えた方からは、「水道事業において森の管理が大切なことがわかって勉強になった」、「森には色々な働きがあってびっくりした」といった感想をいただきました。

6月17日(土) 東京タワー、6月18日(日) 新宿西口イベントスペース

ペッパーによる水道水源林カンタン講座
ペッパーによる水道水源林カンタン講座
@新宿西口イベントスペース
写真:水道水源林体験ラリー@東京タワー
水道水源林体験ラリー@東京タワー

 イベント2回目、3回目は、区部での開催でした。17日(土)は、多くの観光客や家族連れでにぎわう東京タワーで行い、天候にも恵まれ、1,220人の方に参加していただきました。18日(日)は、新宿西口イベントスペースで実施し、多くの方が通る会場ということもあり、本イベント中最も多い、1,468人の方にご参加いただき、大盛況となりました。
 また、区部開催のイベントでは各日2人の水道親子サポーターの子供たちが、イベントのお手伝いをしてくれ、より一層イベントを盛り上げてくれたほか、(株)PUC、TSS(株)及び(独)水資源機構(18日のみ)や東京水道~企業の森の協定締結企業によるブース出展を行い、各団体の取組等についてお客さまに紹介していただきました。

6月24日(土) 奥多摩 水と緑のふれあい館

写真:水滴くんツーショット
水滴くんツーショット
(チェーンソーアートショー)
写真:地域水道キャラバン
地域水道キャラバン

 イベント最終日の6月24日(土)は、奥多摩町にある“奥多摩 水と緑のふれあい館”で実施しました。当日は、天気にも恵まれ、家族連れの方や山登りに来られた方など、812名の方にご参加いただきました。
 会場では、全会場で実施している水道水源林体験ラリーや水道水とミネラルウォーターの飲み比べに加えて“地域水道キャラバン”や “チェーンソーアートショー”など、24日限定の企画も実施し、多くの方に楽しんでいただきました。
 また、水道水源林が広がる奥多摩町、小菅村、丹波山村をはじめ、東京水道~企業の森の協定締結企業にブースを出展していただき、イベントを盛り上げていただきました。

問合せ先

サービス推進部サービス推進課

  • 電話: 03-5320-6326
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る