ページの先頭です

広報・広聴

平成23年度 飲み水に関するお客さま満足度調査

 飲み水に関するお客さま満足度調査報告書がまとまりました。

はじめに

 東京都の水道事業は明治31年(1898年)に近代水道として通水を開始して以来、清浄な水を常に安定供給し、都民生活と首都東京の都市活動を支えてきました。
 近年、ライフスタイルの変化に伴い、「蛇口離れ」が進行するなど、水道水に対してより一層の安全、安心が求められているほか、お客さまニーズの多様化を背景に、高度浄水処理の導入や直結給水化の推進など、様々な取組が必要となっています。
 こうした中、東京都水道局では、平成16年6月から安全でおいしい水プロジェクトをスタートさせ、国の水質基準よりも高いレベルでの東京都独自の「おいしさに関する水質目標」を定め、水源から蛇口までの総合的な施策展開を図ってきました。
 しかし、平成18年度に実施したお客さま満足度調査では、飲み水としての水道水に満足しているお客さまの割合は平成15年度調査に比べ上昇しているものの、3割を超えるお客さまが満足していないという結果であったことから、平成19年度からの新たな3か年計画である「蛇口回帰推進計画」を策定し、「お客さまに安全でおいしい水をつくり、届ける」、「お客さまの視点に立ったPRを行う」の二つに体系化された施策の着実な実施に努めてきました。
 こうした取組の結果、水道水の安全性やおいしさが大きく向上するとともに、お客さまからも水道水に対する高い評価を頂きました。
 しかしながら、平成21年度に実施したお客さま満足度調査では、「満足」とするお客さまが増えているものの、いまだ約半数にとどまっており、水道水の安全性やおいしさが十分周知されているとは言えません。
 このため、平成22年度からの3か年で取り組む「安全でおいしい水プロジェクト行動計画(2010〜2012)」を策定し、一人でも多くのお客さまに東京の水道水の安全性やおいしさに御満足いただけるよう、安全でおいしい水の供給に向けた施策を積極的に推進しています。
 今回の調査は、昨年に続き、飲み水に対するお客さまの満足度を測定するとともに、水道を御利用いただいているお客さまの期待や不安をできる限り客観的に把握し、そのニーズに対応した、より質の高いサービスの提供に反映させていくことを目的に実施したものです。
 この調査結果は、今後の水道水の満足度向上を図っていく上での貴重な資料として、活用させていただきます。
 調査に御協力いただきましたお客さまには、厚くお礼を申し上げます。今後とも東京都水道事業への一層の御理解と御協力をお願いいたします。

平成24年3月
東京都水道局総務部調査課


概要版 PDF1.0MB)

第1章

調査概要PDF35KB)

第2章 調査結果の分析

第3章 満足度等に関する詳細分析

参考資料

参考資料1
調査票PDF312KB)
参考資料2
単純集計PDF105KB)

報告書全文 PDF4.1MB)

本書を読む際の注意及び用語の説明

1.n は質問に対する回答者数で、比率算出の基数を示す(Number of case の略)。

2.グラフの結果数値(%)は、小数第2位を四捨五入し、結果を小数第1位まで表示しているため、内訳の合計が全体の計に一致しないことがある。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る