ページの先頭です

広報・広聴

東京の水道

目次

はじめに

 東京の水道は、明治31年(1898年)に近代水道として淀橋浄水場から通水を開始しました。それ以来、清浄な水を常に安定して供給するため、水源の確保や施設の整備拡充などの施策を推進してきました。その結果、今日では、世界でも有数の規模を有する水道事業に発展しています。
 一方で、水道事業に対するお客さまの期待は大きく、近年では安全でおいしい水の供給や震災対策、環境への配慮など、より質の高いサービスが求められています。
 このような中で、東京都水道局は、ハード・ソフト両面にわたり、より信頼性の高い水道システムを構築していくとともに、質の高い水道サービスを展開し、お客さまに喜ばれる水道を目指します。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る