ページの先頭です

広報・広聴

平成20年度第2回水源林ふれあいウォークを開催しました

テーマ:『紅葉の水道水源林を散策しよう』

 この事業は、水道水源林内の散策を通して、水の大切さや水道水源林の役割を実感していただくために実施しているものです。
今回は、『紅葉の水道水源林を散策しよう』をテーマに開催しました。

位置図
◆ 開催日
平成20年10月18日(土曜日)
◆ 時間
午前8時00分から午後5時30分まで
◆ 場所
◆ 参加人数
多くの方からの応募があり、抽選により35名の方に参加していただきました。

※当日は天候にも恵まれて、赤や黄色に色づいた葉や景色を眺めながら、落ち葉が積もった「柳沢峠ゾーン」(約3.5キロメートル)を、約3時間かけて歩きました。

当日の様子

写真1
紅葉するカエデ類を見ながらゆっくり散策しました。
写真2
水道水源林の働きについて看板を用いて説明し、理解を深めていただきました。
写真3
現在、問題になっているシカによる被害対策について知っていただきました。

写真4
展望台で多摩川源流部の眺望と紅葉するカラマツを楽しんでいただきました。
写真5 柳沢峠周辺の主なカエデを知っていただきました!カエデの名前当てシート
シートを使ってカエデの特徴や名前を知っていただきました。

参加された方の主な声

  • 水道水源林の大切さをはじめて知り、大変勉強になった。
  • 「水源地ふれあいのみち」がよく整備されていて、とても歩きやすかった。
    また、ブナの木の多さにびっくりした。
  • 東京の水道を飲まなくなってしまったが、今回参加して考えを改めた。
  • 水道水源林の説明を受けながら散策して、水の源(緑のダム)を肌で感じることができた。
  • 水道水源林や紅葉するカエデのことが聞けて良かった。

問い合わせ先

水源管理事務所
技術課計画係

  • 電話: 0428-21-3897(直通)
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る