ページの先頭です

広報・広聴

小河内ダムの紹介

小河内ダムの概要

 小河内ダムは、東京都奥多摩町(都心から約65km)にあって、標高530mに位置しています。多摩川上流域を水源とする集水域は、東京都奥多摩町、山梨県丹波山村、小菅村及び甲州市の4市町村にまたがり、面積は約263km²(羽村堰上流流域面積の54%)になります。
 貯えられた水は、ダム直下の多摩川第1発電所で発電に使用後、多摩川に放流され、小作取水堰、(下流約34km)と羽村取水堰(下流約36km)で水道原水として取水されます。原水は、自然流下により村山・山口貯水池、玉川上水路などを経て、東村山・境の各浄水場へ、導水ポンプにより小作浄水場へ送られます。
 また、東村山浄水場から原水連絡管により朝霞・三園の各浄水場へも送ることができます。

ダムの大きさ

写真
ダムの大きさが実感できる谷側

位置:東京都西多摩郡奥多摩町原5番地

標高:530m(堤頂の道路部)

型式:非越流型直線重力式コンクリートダム

高さ:149m

長さ:353m

コンクリートの体積:1,676千m³

流域面積:262.8km²

有効水深:101.5m

満水面積:4.25km²

満水周長:45.37km

有効貯水量:185,400千m³

参考:東京の水源と浄水場別給水区域

写真
ダム堤体谷側
写真
ダム堤体湖面側
クリックすると拡大します
図
ダム断面図

 小河内貯水池には、ダム上流域に降る雨や雪(年間約1,600mm)が丹波川、小菅川などに流れ込んで集まります。集水域面積は約263km²(都内区部面積の約40%)の広がりをもっておりその内の約60%が東京都の水源林となっています。
 小河内ダムの完成当時、東京の水源は主に多摩川水系に依存していましたが、現在は都の水源の約20%となっています。 しかし、小河内ダムは東京都の独自水源として、利根川水系の渇水時や事故時には放流量を増やすなど、住民の安定給水の確保に重要な役割を果たしています。

ダムの歴史

写真
小河内ダム建設前の写真
中央部の白い線は、ダムが建設される場所を示す。

 小河内ダムは、昭和13年11月12日に起工式を挙行しました。
ダムの工事にあたり、物資運搬用の専用道路、仮排水路の築造及びダム基礎岩盤掘削などの工事を進め、その後、太平洋戦争へと発展した戦局の影響を受け、工事は予定より遅延しましたが、昭和18年春にはダムコンクリートを打ち込みできる状態となりました。しかし、ますます激化する戦局のため、昭和18年10月5日には、工事を中止することとなりました。

当時の写真 立方メートル 立方メートル

 一時中止していた工事は、昭和23年9月から工事が再開されました。ダムコンクリートの打ち込みは、これ以後昼夜の別なく実施されました。
 このダムコンクリートの打ち込みは、昭和32年7月まで続けられ、総量1,675,680m³のコンクリートが打ち込まれました。

写真
ダムの最後のコンクリート打ち込み
写真
現在のダム堤頂部

 こうして、昭和32年11月26日、945世帯の移転と工事における87名の尊い犠牲のもと、19年余りの歳月と約150億円の総工費をもって完成しました。現在では、住民の安定給水の確保に重要な役割を果たしています。

問い合わせ先

小河内貯水池管理事務所

  • 電話: 0428-86-2211〜3
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る