ページの先頭です

くらしと水道

貯水槽水道方式から直結給水方式への切替えをお考えのお客さまへ

東京都水道局では、この度、直結給水化の一層の普及・促進を図るため、貯水槽水道方式から直結給水方式※1への切替えに際して、道路部分からメータまでの給水管を現状より太くしなければならない場合(以下「増径工事」という。)に、この工事を水道局にて施行いたします。

下記の詳細事項をご覧いただき、直結給水への切替えをご希望される方は、お知合いの東京都指定給水装置工事事業者又は水道局のホームページに掲載している直結切替え見積もりサービスの連絡先にご相談をしていただくようお願いいたします。

施行範囲の例図

※1 直結給水方式は、最上階で水圧を確保できる場合①と、確保できない場合②に区分されます。

①直圧直結給水・・・配水管の水圧で直接給水する方式です。

②増圧直結給水・・・増圧ポンプにより、配水管で不足する水圧を補い、給水する方式です。

給水方式についてはこちらをご覧ください。

※2 直結切替工事に伴う宅地内表層のコンクリートやタイル等の整備については、お客さまのご負担により、実施していただきます。


本事業により得られる効果

①安全でおいしい水を貯水槽を通さずに直接飲むことができます。

②貯水槽の点検・清掃が不要です。

③貯水槽のスペースが不要なため、敷地を有効に活用できます。

④配水管の圧力を利用するため、エネルギーを有効に活用でき、電気使用量の減少が見込まれます。

  • ※直結給水方式への切替えにより削減できる電気料金及びタンクの清掃費用をお知りになりたいお客さまはこちら別ウインドウで開きますをご覧ください(東京水道サービス株式会社のホームページ)。

設計時に留意する事項

◯増径工事に伴い、メータ口径が大きくなった場合、水道料金が増額となる場合があります。


施工対象外の建物

①使用水量の変動が大きい施設や、薬品等の危険な化学物質を取扱うような直結給水が認められない建物

②断水した場合に影響が大きい病院などの貯水槽水道が適している建物

③増改築に合わせて、直結給水化しようとする建物

④平成24年12月以降に設置された貯水槽水道方式の建物


実 施 時 期

◯平成24年12月1日申請受付分から


 給水管を増径工事する場合の一般的な流れはこちらをご覧ください。

 東京都指定給水装置工事事業者の方はこちらをご覧ください。

問い合わせ先

(区部) 給水部 給水課

  • 電話: 03-5320-6431

(多摩地区) 多摩水道対策推進本部 
調整部 技術指導課

  • 電話: 042-548-5391
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る