ページの先頭です

くらしと水道

直結給水に切り替えることにより削減効果が見込まれる電気料金 (参考)

削減される年間電気料金の算出図直圧直結給水方式へ切り替えた場合)※1

4人家族30世帯の共同住宅における標準的な使用水量の場合、
年間約13万円の削減効果が見込まれます。※2
(切り替え前の揚水ポンプの型式等によっては、削減額が7万円から23万円の間で差が生じます。)

直結直圧給水へ切り替える場合における、より詳細な年間電力料金の削減量は、
以下の各シートから算出することができます。

現在使用中の揚水ポンプの型式等に応じたシートを以下より選択の上、
お客さまの年間使用水量をシート中へ入力してください。

◯ 非インバーター式揚水ポンプをご使用中のお客さまはこちら

◯ インバーター式揚水ポンプをご使用中のお客さまはこちら

◯ 高置水槽をご使用中のお客さまはこちら

◯ 揚水ポンプ・高置水槽の型式や使用状況が不明というお客さまはこちら

平成元年以前に設置されたポンプは、非インバーター式が主流となっておりましたが、平成2年以降に設置されたポンプは、インバーター式が主流となっております。

なお、詳細につきましては設置されている各ポンプメーカー等にお問い合わせ下さい。

削減される年間電気料金の算出図増圧直結給水方式へ切り替えた場合)※2

4人家族30世帯の共同住宅における標準的な使用水量の場合、
年間約7万円の削減効果が見込まれます。※2
(切り替え前の揚水ポンプの型式等によっては、削減額が2万円から17万円の間で差が生じます。)

増圧直圧給水へ切り替える場合における、より詳細な年間電力料金の削減量は、
以下の各シートから算出することができます。

現在使用中の揚水ポンプの型式等に応じたシートを以下より選択の上、
お客さまの年間使用水量をシート中へ入力してください。

◯ 非インバーター式揚水ポンプをご使用中のお客さまはこちら

◯ インバーター式揚水ポンプをご使用中のお客さまはこちら

◯ 高置水槽をご使用中のお客さまはこちら

◯ 揚水ポンプ・高置水槽の型式や使用状況が不明というお客さまはこちら

平成元年以前に設置されたポンプは、非インバーター式が主流となっておりましたが、平成2年以降に設置されたポンプは、インバーター式が主流となっております。

なお、詳細につきましては設置されている各ポンプメーカー等にお問い合わせ下さい。

※1 本算出方法は、貯水槽容量40m程度までの貯水槽水道を対象としています。また、この削減効果は試算値であり、実際とは異なる場合があります。

※2 1人が1日に使用する平均水量を230リットル程度としています。

※3 この曲線は、貯水槽水道方式と直結給水方式における、年間使用水量に応じた年間電気料金の差額を表したものです。

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る