ページの先頭です

くらしと水道

私道に配水管を入れる工事を行っています

水道局では、私道に水道局が所有する配水管を布設し、お客さまが所有する給水管を整理する工事を水道局の負担で計画的に行っています。

この工事を行うためには、私道を所有する全ての方のご承諾、敷地内を掘削させていただくお客さま及び近隣の皆様のご理解をいただくことが前提となります。

つきましては、本事業の趣旨をご理解いただき、工事へのご協力をよろしくお願いいたします。

工事のイメージ

工事のイメージ図

排水栓とは

私道に布設された配水管の末端部には、水の濁りを取り除くことを目的として排水栓を設置します。この排水栓は、災害時に応急給水や初期消火のために使用することもできます。

(写真)排水栓利用の様子

対象となる私道

対象となる私道:水道メータの個数が3個以上ある私道
本工事は、漏水の多い私道や水の出が悪い私道を優先して計画的に実施しています。
道路が狭い、一般の交通の用に供されていない等の理由により工事を実施することができない場合があります。
以下の場合は、お客さまの費用負担が生じます。
  • 給水管の口径を変更する場合
  • 敷地内の『特別な工事や特別な材料を必要とする場合 等
詳しくは下記までお問い合わせください。

問い合わせ先

(23区)支所給水課

(多摩地区)多摩水道改革推進本部各給水管理事務所

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る