ページの先頭です

くらしと水道

悪質な水道修理業者にご注意を!!

 家庭に配布されたチラシ、電話帳の広告等やホームページを見て修繕を依頼したお客さまに対し、依頼した以外の作業を行い、高額な請求をする、部品交換で修理できる内容であるにもかかわらず、「古いから部品がない」等の不実のことを告げ、トイレタンク等本体の交換を勧誘する、などの悪質な水道修理業者が増えています。
 水漏れなどの際には慌てずに、よく注意してから修繕の依頼をしましょう。

修繕の依頼をする前にこんなことに注意しましょう

  • 蛇口などの水が止まらない場合は、あわてず水道メータ部のバルブを閉めましょう。(普段から水道メータの位置を確認しておきましょう。)
  • チラシの「低料金」や「見積無料」の広告を鵜呑みにせず、申込時にしっかり確認しましょう。
  • 器具などを「交換しなければ直らない」と言われた場合でもすぐに契約せず、応急措置を求め、十分に説明を聞き納得してから契約するか決めましょう。高額だと思う場合は、ほかの業者に聞くなど、契約は慎重に行いましょう。
  • 内容と金額に合意した場合は、例え市価に比べ高額であっても有効な契約であり、解決は困難です。 くれぐれも注意しましょう。

実際にはこのような手口で・・・

主な手口〈1〉
各家庭にチラシを配布し、緊急時の応急処置を依頼したお客さまに対して、パッキン交換等、簡易な修理で済むにも関わらず、「水栓を交換しなければダメ」などと言い、不要な工事を勧める。
主な手口〈2〉
「蛇口の水漏れ○千円から、作業前に見積りしますので安全」などと広告し、申込時に「見積りをしてから作業に入るから大丈夫」とお客さまを安心させて、実際には正確な見積りを出さず、修理後に予期しない高額な代金を請求する。

契約してしまい困ったときは・・・

 各区市町村の消費者センター等へご相談ください。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る