ページの先頭です

プレス発表

平成22年1月22日水道局

「東京水道経営プラン2010」を策定しました

 この度、東京都水道局では、新しい経営計画として、平成22年度から平成24年度を計画期間とする「東京水道経営プラン2010」を策定しましたので、お知らせします。
 この計画は、目標管理と成果重視の視点に立ち、都民への説明責任を果たしていくため、3年間に取り組んでいく施策の事業計画と財政計画を明らかにしたものです。

「東京水道経営プラン2010」の概要

経営方針

 東京水道は、都民生活と首都東京の都市活動を支えるライフラインとして、効率経営に努めながら、一層確かな安心・安定を実感できる水道サービスを提供していきます。  
 さらに、将来を見据え、持続可能な事業経営を目指すとともに、東京水道の伝統を次世代に引き継いでいきます。

主要課題

  • 安心・安定
  • 広域・国際
  • お客さま
  • サービス
  • 次世代
  • 経営基盤

主要施策

  • 高度浄水処理の着実な導入と都民への浸透、
    公立小中学校の水飲栓直結給水化モデル事業の推進、
    貯水槽水道の適正管理、
    利水安全度の向上、
    民有林のモデル購入、 水道管路の耐震継手化緊急10ヵ年事業の推進
  • 多摩地区水道経営改善の着実な推進、
    奥多摩町水道事業の都営一元化、
    国際貢献の推進
  • お客さまサービスの充実、
    給水装置工事の電子申請等の導入、
    効果的な広報施策の展開、
    お客さまの声の施策への反映、
    親しまれる水道施設づくりの推進
  • 低炭素型モデル浄水場の整備、
    水道キャラバンによる理解促進
  • 一体的事業運営体制の強化、
    業務指標を活用した目標管理、
    外部の専門的意見の反映

 ※詳細は、「東京水道経営プラン2010」をご参照願います。

問い合わせ先

総務部 主計課

  • 電話: 03-5320-6311
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る