ページの先頭です

プレス発表

平成23年12月6日 水道局

共同研究者を公募します

研究課題:水道施設におけるエネルギーの最小化に関する共同研究


 東京都水道局では、平成18年度から公募による共同研究を実施しています。公募型共同研究は、当局の技術開発だけでは解決が難しい課題に早期に対応するため、当局以外の皆さまから広く技術的解決方法を募集し、当局と共同で技術開発をすることを趣旨としております。
 平成23年度は、「水道施設におけるエネルギーの最小化に関する共同研究」について、共同研究者を下記のとおり募集します。
 多くの方のご応募をお待ちしております。

1 研究課題及び趣旨

(1)研究課題
 水道施設におけるエネルギーの最小化に関する共同研究

(2)趣旨
 東京都水道局では、浄水や送配水などの過程で多くの電力を使用し、東京都内で使用される電力量の約1%を使用しています(これは、一般家庭約20万世帯分の使用電力に相当します。)。このような状況を踏まえ、当局では、環境に配慮した水道事業を目指し、局を挙げて、環境対策に取り組んできています。しかし、東日本大震災による原発事故の影響もあり、使用エネルギーの削減は喫緊の課題となっています。

 今年度は、再生可能エネルギーの活用や省エネルギー対策を推進するため、「水道施設におけるエネルギーの最小化」をテーマに共同研究を募集することにしました。

2 募集期間

 平成23年12月7日(水)から平成24年2月10日(金)まで

3 研究期間

 平成24年度から3か年以内とし、研究内容に応じて応募者が設定してください。

4 募集案内等

 詳細は公募型共同研究(水道施設におけるエネルギーの最小化に関する共同研究)応募案内をご覧下さい。

 なお、東京都水道局では、上記以外にも委託研究というスキームもあります。当局事業に有益な調査・研究については、年間を通して受け付けておりますので、下記問い合わせ先までご連絡ください。

問い合わせ先

研修・開発センター
開発課

  • 電話: 03-5483-3513

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る