ページの先頭です

プレス発表

平成23年12月14日 水道局

「平成23年度東京水道技術エキスパート認定式」を実施します。

 ベテラン職員の大量退職時代を迎え、水道局においても、これまで培われてきた水道技術の継承が課題となっています。
 このため、水道局では、水道技術の確実な継承を目指し、平成20年度から「東京水道技術エキスパート制度」を運用しています。
 このたび、技術継承をより着実に進めるため、新たに3名を水道技術エキスパートとして認定することといたしました。認定式は、以下のとおり行います。

平成23年度東京水道技術エキスパート認定式

  1. 日時:平成23年12月20日(火)午後4時から午後4時45分まで
  2. 場所:東京都庁 第二本庁舎 14階A会議室
  3. 認定者数:3名

『東京水道技術エキスパート制度』とは

(1)この制度は、高い技術を持つ経験豊富な職員を「東京水道技術エキスパート」として認定し、幅広く活用することによって、効果的に技術の継承を進めるものです。

(2)認定者は、エキスパートとしての活動を通して、自身の経験・ノウハウを後進に伝えます。

(3)エキスパートは、氏名や所属、技術面での専門性等を登録したデータベースを職員に公開した上で、次のような活動を行います。

①職員に対する指導や助言
職員からの業務上の問い合わせに対し、指導や助言を行います。

②暗黙知の形式知化
経験・ノウハウといった暗黙知を、職員が活用できるように形式知化します。

③各種検討会への参加
各部署からの依頼により、各種検討会にアドバイザーとして参加します。

 ※運用開始から現在までの認定者数について記載しています。

問い合わせ先

建設部 技術管理課

  • 電話: 03-5320-6352

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る