ページの先頭です

プレス発表

平成23年12月27日 水道局

既契約工事案件における最低制限価格等の誤りについて

 東京都において、昨年度に最低制限価格及び調査基準価格(以下「最低制限価格等」という。)の算定を誤って入札を執行した契約案件があったことを受けて、水道局では、関係部所に契約事務に関する適正な執行について周知徹底するとともに、契約事務担当者会議を開催し注意喚起を図ってきました。

 しかし、知事部局において過年度分の最低制限価格等の算定の誤りが新たに判明したことから、最低制限価格等の算定式を改正した平成20年11月以後に公表した契約案件を対象とした調査を実施しました。(調査結果は下表のとおり)

 調査の結果、平成23年度については算定の誤りが減少し、再発防止策が一定の効果をあげておりますが、事務処理に万全を期すため今後徹底した原因の分析を行い、事務処理手順の改善など再発防止策を強化するとともに、全庁的に設置される検討委員会に参加し、一層の適正な契約事務の執行に取り組んでまいります。

 なお、本日、契約事務担当者会議を開催し、さらなる再発防止に向けて事務処理に万全を期すよう改めて周知徹底を図りました。

最低制限価格等の算定に誤りがあった契約

(件数)
  20年度 21年度 22年度 23年度 合  計
水道局 10

問い合わせ先

水道局 経理部 契約課

  • 電話: (03)5320-6402(直通)

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る