ページの先頭です

プレス発表

平成24年6月5日 東京消防庁 東京都水道局

東京消防庁と東京都水道局が「排水栓」の取扱い等に係る覚書を締結

 東京都に多く存在している木造住宅密集地域では、震災時において、消防隊による消火活動に加え、地域住民による初期消火体制の強化が求められています。

 そこで、水道の維持管理上必要な施設として私道等に設置されており、消火栓と同様の構造を持つ排水栓を消火活動に活用するため、東京消防庁と東京都水道局との間で、排水栓の取扱い等に関する覚書PDF242KB)を下記のとおり締結いたします。

 このことにより、木造住宅密集地域に多く存在する、消防車両が接近できない狭隘道路などにおいて、地域住民が初期消火に活用できる消火用水源がこれまで以上に確保されることとなります。

1 日時

 平成24年6月7日(木)11時30分から

2 場所

 東京都庁第二本庁舎14階 14A会議室

3 締結者

 ア 東京消防庁消防総監  北村 吉男(きたむら よしお)

 イ 東京都水道局長  増子 敦(ますこ あつし)

問い合わせ先

東京消防庁 広報課 報道係

  • 電話: 03-3212‐2111 (内線)2345〜2350

東京都 水道局 給水部 管理課

  • 電話: 03-5320-6458(ダイヤルイン)
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る