ページの先頭です

プレス発表

平成24年8月28日 水道局

私道に配水管を入れます(私道内給水管整備工事の施行対象を拡大します)

 東京都水道局では、私道に埋設されお客さまに供給している給水管を整理し、配水管を布設することにより、給水管の耐震強化、水の出の向上及び漏水の未然防止を目的とする私道内給水管整備工事を計画的に行っています。

 これまでは、給水管が3本以上又は給水栓(水道メータ)が10栓以上ある私道を対象に整備を進めてきましたが、東日本大震災での給水管の被害状況及び首都直下地震の切迫性を考慮し、私道内給水管の一層の耐震強化を図る必要から、その対象を下記のとおり拡大することとしましたので、お知らせします。

 また、配水管の末端部等には、濁水の排除などに使用し消火栓と同じ構造を持つ排水栓を設置し、震災時の応急給水や初期消火への活用を図ります。

1 施行対象の拡大(別紙参照PDF1.9MB)

(現行)給水管が3本以上又は給水栓(水道メータ)が10栓以上ある私道

(改正)給水栓(水道メータ)が3栓以上ある私道

2 実施時期

 平成24年9月1日より 

問い合わせ先

水道局 給水部 給水課

  • 電話: 03-5320-6477
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る