ページの先頭です

プレス発表

平成24年9月26日 水道局

多摩川水源森林隊10周年記念行事の実施について〜おいしい水は森林(もり)からの贈りもの〜

 多摩川水源森林隊は、多摩川上流域に広がる手入れの必要な森林を水源地にふさわしい緑豊かな森林へと再生するため、平成14年度からボランティアによる森づくり活動を行っています。

 今年、多摩川水源森林隊が設立10年を迎えることから、これまで活動を支えてくれた多くの方々への感謝の気持ちを伝えるとともに、多くのお客さまに水源地の重要性を知っていただくため、記念行事(記念式典・シンポジウム・記念イベント)を開催いたします。ぜひお越しください。

日時

 平成24年10月28日(日) 11時00分から16時00分まで

記念式典

時間

 12時30分から13時30分まで

会場

 都民ホール(都議会議事堂1階)

主な内容

  • 経過報告「多摩川水源森林隊の10年の歩み」
  • 感謝状贈呈(森林隊ボランティア、活動地提供者、森林組合の各代表)

 ※関係者のみ出席

シンポジウム(参加者募集)

時間

 14時00分から15時45分まで

会場

 都民ホール(都議会議事堂1階)

内容

基調講演
講演者

石川 英輔氏(作家 著書に「大江戸えころじー事情」「大江戸ボランティア事情」など。)※講演内容は後日東京都水道局ホームページにてお知らせします。

パネルディスカッション
コーディネーター

 福嶋 司(東京農工大学名誉教授・植生学会会長)

パネリスト

 上原 珠枝(一級建築士・森林インストラクター)

 河村 文夫(東京都奥多摩町町長)

 酒井 晃(水道局浄水部長)

 多摩川水源森林隊ボランティア隊員

応募方法(100名)

往復はがきに下記内容を記載の上、下記宛て先まで郵送でお申し込みください。

締切:平成24年10月8日(月)(当日消印有効) 

※ 応募者多数の場合は抽選となります(結果は全員に通知)。

宛て先

〒163−8001 東京都新宿区西新宿2−8−1

東京都水道局浄水部管理課 

往信面

人数・住所、代表者氏名(ふりがな)、電話番号

返信面

代表者の郵便番号・住所・氏名

記念イベント(入場無料)

時間

 11時00分から16時00分まで

会場

 都民広場(都民ホール隣)

内容(予定)

ステージ

 多摩川上流域の関係町村(東京都奥多摩町・山梨県小菅村・丹波山村)の伝統芸能等を披露します。

PRコーナー
  • 多摩川水源森林隊、水道水源林PR
    多摩川水源森林隊の活動の様子や、水道水源林の働きについてパネルや映像で紹介します。
  • 物産展
    関係町村の特産品(わさび、きのこなど)を販売します。
    ※会場での飲食はできません。
  • 足湯
    関係町村それぞれの温泉を都民広場で楽しんでいただけます。
  • 木工クラフト体験
    木材とボンドを使って、コースター等のクラフト体験ができます。木工用ボンドだけを使いますので、小さなお子さまにも気軽に楽しんでいただけます。
  • 丸太切り体験
    間伐材とノコギリを使って、丸太切り体験ができます。
  • 東京水飲み比べコーナー
    東京都水道局の水道水とミネラルウォーターの水との飲み比べを実施します。
  • PR品配布
    間伐材から作ったしおり、匂い袋(ヒノキ)、小河内貯水池の流木から作った炭(1袋あたり1㎏、1,000袋用意)など、水道水源林ゆかりの品をプレゼントします。

詳細は東京都水道局ホームページをご覧ください。

多摩川水源森林隊とは

 手入れの必要な森林を再生するという活動の趣旨に賛同して頂いた民有林所有者からフィールドを提供して頂き、ボランティアによる植栽や下刈、間伐、枝打などの森林保全活動を実施しています。

 ボランティア隊員は、東京都内だけでなく関東近県にお住まいの方々も登録しており、平成23年度末現在で897名に上ります。年間約140回行われている保全活動には、延べ約1,800人の方々が参加しています。

 平成14年度の設立からこれまでに、約1,200回、約160haで保全活動を実施しており、平成24年度からはボランティアの受け入れ態勢をさらに拡大して活動しています。

 なお、平成24年8月に、水源地保全に尽力している本活動の功績が認められ、国土交通大臣による水資源功績者表彰を受賞しました。

問い合わせ先

浄水部 管理課

  • 電話: 03(5320)6437

浄水部 浄水課

  • 電話: 03(5320)6413
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る