ページの先頭です

プレス発表

平成25年8月30日 水道局

ホルムアルデヒド検出に係る損害賠償請求訴訟の提起について

 平成24年5月に当局の三郷浄水場において高濃度のホルムアルデヒドが検出された事故(別紙参照PDF8KB))について、原因物質のヘキサメチレンテトラミンの排出事業者であるDOWAハイテック株式会社を相手方とし、本日、損害賠償請求訴訟を提起しました。

 なお、本件訴訟は、東京都、埼玉県、茨城県及び群馬県が共同で訴訟提起しています。

1 相手方(被告)

 DOWAハイテック株式会社

 埼玉県本庄市仁手(にって)1781

2 提訴日

 平成25年8月30日(金)

3 提訴裁判所

 さいたま地方裁判所

4 請求額

 15,597,447円

5 請求額の内訳

 粉末活性炭追加使用量分、水質検査費用及び人件費等

6 請求の根拠

 民法第709条の不法行為に基づく損害賠償請求

 なお、千葉県、北千葉広域水道企業団、野田市、柏市、流山市、我孫子市及び八千代市については、本日、千葉地方裁判所に共同で訴訟提起しました。

問い合わせ先

総務部 総務課

  • ダイヤルイン: 03-5320-6320

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る