ページの先頭です

プレス発表

平成27年3月12日 水道局

神田上水(白堀部分)復原展示物が完成しました

 このたび、東京都水道歴史館に隣接する本郷給水所公苑内において、神田上水(白堀部分)の復原展示物が完成しました。これは、平成23年12月、文京区小日向にある区立第五中学校跡地で発見された神田上水の白堀部分(蓋をしていない水路のこと。)の一部を当局で保管してきたものです。

 白堀については、これまで文献に記述はあったものの発見されたのは初めてで、江戸の上水道の歴史を理解する上で非常に貴重なものです。ぜひ現地で実物をご覧ください。

<神田上水>

 徳川家康の命によって開設された小石川上水が発展し、1629年頃に完成した江戸の上水道です。三鷹市にある井の頭池を水源とする神田川の流れを、文京区関口付近で取水し、水戸藩邸を通って神田川を懸樋(かけひ)で渡し、神田、日本橋方面の飲み水などに利用されていました。

○復原展示物写真
○本郷給水所公苑図
  • 隣接の東京都水道歴史館で江戸時代の水道の歴史が学べます。
ホームページアドレス
http://www.suidorekishi.jp/
住所:
文京区本郷二丁目7番1号
電話:
03-5802-9040
休館日:
毎月第4月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)
交通:
  • JR「御茶ノ水」駅、地下鉄丸ノ内線・大江戸線
  • 「本郷三丁目」駅下車徒歩8分
  • (自家用車用の駐車場はありません。)
東京都水道歴史館地図

問い合わせ先

サービス推進部広報サービス課

  • 電話:03-5320-6326
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る