ページの先頭です

プレス発表

平成29年7月27日水道局

きて!みて!感じて!水源林ツアー参加者を募集します

東京都水道局では、「みんなでつくる水源の森実施計画」に基づき、水道局が行っている水源地保全の取組や重要性について、より多くの方々に理解していただけるような取組を進めています。
水源林ツアーは、水道局が110年以上にわたり所有・管理している多摩川上流の水道水源林での自然体験を通して、水の大切さや水道水源林の役割を知っていただくことを目的としたイベントです。今年度は8月から10月の間に全6回実施します。今回は、9月開催分を募集します。

第4回:水源地ふれあいのみち散策(水干(みずひ)ゾーン)
~行ってみよう!多摩川の源流「水干」~

実施内容

多摩川の最初の一滴が生まれる場所「水干」を目指して登山します。

実施日

平成29年9月2日(土)

集合

JR青梅線河辺(かべ)駅 午前7時00分(現地までバスでご案内します。)

解散

JR青梅線河辺(かべ)駅 午後6時00分

実施場所

水源地ふれあいのみち「水干ゾーン」源流のみち(山梨県甲州市)

実施時間

【散策】約6時間(昼食時間含む)(約10km)

対象

都営水道の給水区域にお住まいの中学生以上の方(中学生は保護者同伴)

  • 本コースは、標高約1,800mの水干に行く標高差約500mの登山コースです。急坂などを含む登山道を登りますので、登山経験の少ない方は慎重にご判断願います。

第5回:森林保全作業体験と水源林散策
~やってみよう!幼木の枝打体験~

実施内容

水道水源林の特徴的な森づくりが行われている「100年の森」で、のこぎりを使って若い木の枝を切り落とす森林保全作業と散策を行います。

実施日

平成29年9月24日(日)

集合

東京都庁前 午前8時00分(現地までバスでご案内します。)

解散

JR青梅線河辺(かべ)駅 午後5時30分

実施場所

水道水源林「100年の森」(山梨県甲州市)

実施時間

【森林保全作業体験】約1時間30分
【散策】約1時間(約1.3km)

対象

都営水道の給水区域にお住まいの中学生以上の方(中学生は保護者同伴)

第4~5回共通事項

定員

各日20名(1組4名まで)

注意事項

  • 参加費は無料です。昼食、飲み物は各自でご用意ください。
  • 申込みには、参加希望者全員の多摩川水源サポーターへの登録が必要になりますので、まだ登録されていない方は、応募締切日(8月8日)までに多摩川水源サポーターへの登録をお願いします。
  • 雨天時は内容を変更する場合がございます。荒天の場合は中止とします。
  • 応募者多数の場合は抽選といたします。(結果は代表者の方に通知いたします。)
  • 今回応募できるのは1組につきどちらか1日のみです。

多摩川水源サポーターについて詳しくはこちらをご覧ください。
http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suidojigyo/torikumi/water_source/supporter.html
※メールアドレスをお持ちでない方は、
浄水部浄水課 電話 03-5320-6413 までご連絡ください。

応募方法(下記のいずれかの方法によりご応募ください。)

①インターネットからのご応募

東京都水道局ホームページから水源林ツアーホームページ(https://fureai-walk.tokyo/top/)へ進んでいただき、必要事項を入力の上、ご応募ください。

②はがきによるご応募

下記内容を記載の上、下記宛先まで郵送してください。
  • [宛先]〒105-0011東京都港区芝公園1-2-16第一槙ビル2階
    水源林ツアー受付センター
  • [裏面](1)参加希望日
    (2)代表者の氏名(ふりがな)・年齢・性別・住所・当日連絡のつく電話番号
    (3)参加者の氏名(ふりがな)・年齢・性別・住所・電話番号
    (4)本イベントを知ったきっかけ

締切

平成29年8月8日(火)午後5時
※はがきによるご応募の場合、当日消印有効

水源林ツアーの様子

【水源地ふれあいのみち水干ゾーン及び100年の森位置図】
柳沢峠ゾーン位置図

※10月以降の開催分は以下のとおり別途募集します。

  実施日 実施内容 募集期間(予定)
第6回 10月28日(土) 水源地ふれあいのみち柳沢峠ゾーン散策 8月28日~9月8日
本件は、「2020年に向けた実行プラン」に係る事業です。
「スマート シティ 3 豊かな自然環境の創設・保全」

問い合わせ先

浄水部浄水課

  • 電話:03-5320-6447

応募者問い合わせ先

水源林ツアー受付センター

  • 電話:03-5776-2818
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る