ページの先頭です

プレス発表

令和元年12月19日水道局

12月20日(金)の労働組合ストライキについて

1 組合の行動態様

当局は、都政改革の一環として行われる政策連携団体の統合を機に実施する団体への業務移転及び業務執行体制の見直しによる管理の適正化等を進めることとしています。
これに対し、全水道東京水道労働組合(渡邉洋委員長)及び東京水道労働組合(神岡光雄委員長)は、「秋季年末闘争勝利」及び「政策連携団体への業務移転提案撤回」等を目的として、12月20日(金)の始業時から、1時間の時限ストライキを実施することを決定しました。
このため当局としては、都民サービスに影響のないよう以下のとおり措置を講じました。

2 当局の措置

(1)組合に対する警告
(2)職員に対する服務規律確保の周知
(3)管理職員による事務事業の支障の防止

3 ストライキが実施された場合の影響と対策

(1)浄水場・給水所等の業務は、保安要員を確保しており、都民の皆さまへの水道水の供給に影響は
    ありません。

(2)営業所については、業務への影響がないよう管理職員で対応します。

(参考)職員数・組合員数等(平成31年4月1日現在。非常勤を含む。)

区 分 総職員数 管理職員等 その他 全水道東水労 東  水  労
水 道 局 3,784人 187人 3,597人 2,778人(77.2%) 41人(1.1%)
 

※カッコ内は組織率(管理職員等を除いた職員数に占める組合員数の割合)

問い合わせ先

水道局職員部労務課

  • 電話: 03-5320-6367

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る