ページの先頭です

水道事業紹介

多摩地区における水道事業の現状

 多摩地区のうち、武蔵野市、昭島市、羽村市及び檜原村を除く26市町の水道事業は、東京都水道局が運営しています。
 局では、多摩水道改革推進本部の下、施設管理等の拠点として、給水管理事務所及び給水事務所を設置するとともに、お客さま対応窓口として、水道料金の収納や給水装置工事の審査等の業務を行うサービスステーションを開設して、多摩地区水道の事業運営を効率的に行っています(下図参照)。
 また、多摩お客さまセンターでは、26市町のお客さまからの各種申込み、問合せを一元的に受け付けています。

多摩地区水道の現況(平成28年度)
多摩地区26市町(未統合3市を除く。) 平成27年度実績
給水区域面積 約612km²
給水人口(※) 約390万人
水源数 地下水(井戸) 278か所
表・伏流水 24か所
施設数(浄水所・給水所等) 287か所
配水池容量 約100万m³
導送配水管延長 約10,998km
年間総配水量 約4億1794万m³
一日平均配水量 約114万m³
一日最大配水量 約124万m³

※給水人口は、平成27年10月1日現在

事業の運営
サービスステーションや多摩お客さまセンターなどの運営については、東京都監理団体である(株)PUCと東京水道サービス(株)に委託しています。
下水道料金
水道料金と合わせて請求させていただいている市町の公共下水道料金については、市町ごとに料金が異なります。
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る