ページの先頭です

水道事業紹介

予算の概要(平成28年度予算)

平成28年度は、次のような事業を実施します。

平成28年度の主要施策

平成28年度は、「東京水道経営プラン2016」の初年度として、同プランに掲げた、都民生活と首都東京の都市活動を支える基幹的ライフラインとして、安全でおいしい高品質な水を安定して提供していくこと、また、危機管理に万全を期すとともに、盤石な体制の構築や効率的で健全な経営に努め、信頼される事業運営を実践していくこと、さらに、将来を見据えた取組を推進し、世界一の水道システムを一層進化させ、国内外に発信するとともに、次世代に繋げていくことを経営方針とし、次の3つの柱に沿って主要施策を着実に推進してまいります。

(1)基幹的ライフラインの運営

①安定(24時間常時供給)

  • 水源の確保
  • 浄水場の更新に備えた代替浄水施設の整備
  • 導水施設の二重化、送水管の二重化・ネットワーク化
  • 給水所の新設・拡充
  • 多摩地区水道の再構築など

②高品質(安全でおいしい水の供給)

  • 原水水質に応じた浄水処理の導入
  • TOKYO高度品質プログラムの充実
  • 小中学校の水飲栓直結給水化モデル事業の推進
  • 直結給水方式への切替え促進など

③様々な脅威への備え(新たな危機管理)

  • 貯水池の堤体強化
  • 配水池の耐震強化
  • 配水管の耐震継手化
  • 自家用発電設備の新設・増強
  • 浸水対策の推進
  • 浄水施設の覆蓋化など

(2)取組の進化・発信

①お客さまとの対話(実感・信頼していただくための対話)

  • 東京水道あんしん診断の実施
  • 水道キャラバンの充実など

②地域・社会への貢献(エネルギー・環境等に配慮した活動)

  • 再生可能エネルギー等の導入
  • 玉川上水の適切な保存管理など

③国内外水道事業体への貢献(技術力・ノウハウの発信と貢献)

  • 国内の水道事業体への協力
  • 東京水道国際展開プログラムの推進

(3)支える基盤

①人材(財)基盤(確保・育成)

  • 危機管理・実務能力の向上
  • コンプライアンスの徹底など

②運営体制(グループ経営)

  • ガバナンスの強化
  • 客観性・透明性の確保など

③財政基盤(計画的・効率的な財政運営)

  • 不断の経営努力
  • 積立金・引当金の活用
  • 企業債の適切な発行

平成28年度の財政収支概況

◆事業の管理・運営にかかわる収支 ◆施設の建設・改良などにかかわる収支
左 事業の管理・運営にかかわる収支
収入  3,709億円 100%対して 料金収入 3,190億円 86% その他の収入 519億円 14%
支出  3,376億円 100%対して 減価償却費など 740億円 22% 支払利息など 61億円 2% 施設の維持管理・窓口サービスなど億円 2575億円 76%
右 施設の建設・改良などにかかわる収支
収入  236億円 100%に対して 企業債 175億円 74% 国庫補助金及び一般会計出資金 28億円 12% その他の収入 33億円 14% 不足額 -1,049億円 %
支出  1,285億円 100%に対して 企業債の償還など 236億円 18% 施設の建設改良費 1,049億円 82%

※施設の建設・改良などにかかわる収支の不足額は、内部留保されている資金(減価償却費などの現金の支出を伴わないもの)などで補塡します。

平成28年度の事業規模概況

給水件数
…759万件
年間配水量
…16億819万m³(1日平均/440万m³)
浄水場
…11か所
主要給水所
…41か所
主要増圧ポンプ所
…10か所
配水管管理延長
…2万7,081km

平成28年度の主要整備事業

「東京水道経営プラン2016」に基づく平成28年度の主要整備事業は、以下のとおりです。

水源及び浄水施設整備事業
水源及び浄水施設整備事業の棒グラフ 310億円310億円
水源の確保、浄水場等既存施設の更新・耐震化などを進めます。
送配水施設整備事業
送配水施設整備事業の棒グラフ 1,090億円1,090億円
送配水管の新設・取替、配水池等の整備を進めます。
給水設備整備事業
給水設備整備事業の棒グラフ 100億円100億円

小中学校の水飲栓直結給水化モデル事業、私道内における給水管整備、避難所等における給水管耐震強化などを進めます。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る