ページの先頭です

水道事業紹介

訪日研修受入

 東京都水道局では、JICAなどの要請に応じて、海外からの研修生を受入れ、当局の誇る漏水防止技術や浄水処理技術、水質管理技術など多岐にわたる研修を実施しています。その受入れ人数は、平成23年度から平成27年度までの5年間で、約2,000名です。
 受入れ先を地域別に見ると、中国、韓国、タイ及び台湾等のアジア諸国が圧倒的に多く、平成26年度においては、全体の約6割を占めています。

訪日研修実績

(平成23度~平成27年度)
訪日研修実績の平成23度~平成27年度のグラフ
平成23年度 アジア 242人 アフリカ 48人 中東 23人 欧州 4人 北米・中南米 12人 大洋州 0人 合計329人
平成24年度 アジア 343人 アフリカ 44人 中東 29人 欧州 22人 北米・中南米 14人 大洋州 8人 合計460人
平成25年度 アジア	245人 アフリカ	46人 中東	48人 欧州	26人 北米・中南米	16人大洋州	0人 合計381人 
平成26年度 アジア	303人 アフリカ	44人 中東	109人 欧州	30人 北米・中南米	16人 大洋州	4人 合計506人
平成27年度 アジア	119人 アフリカ	62人 中東	56人 欧州	16人 北米・中南米	2人 大洋州	2人 合計257人
写真

水道管理行政研修

写真

上水道施設技術研修

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る