ページの先頭です

水道事業紹介

東京水道イノベーションプロジェクト

 これまで東京都水道局は、長い歴史の中で様々な課題を克服しながら発展し、現在では、世界最高水準の低漏水率、高度浄水処理による安全でおいしい水の供給、災害時にも水を届けるバックアップ機能等、世界一の水道システムを構築しています。
さらに近年では、社会の一員として貢献するため、環境・エネルギー対策や国際貢献など、様々な施策を展開してきました。
 こうした中で、IWA世界会議や東京2020大会など、世界的な行事・イベントが東京で行われることとなり、これらを契機とし、東京の将来を見据え、これまでの施策展開をさらに一歩進めていくことを目指し、平成28年2月2日に「東京水道イノベーションプロジェクト 」を始動しました。
 このプロジェクトは、2018年国際水協会(IWA)世界会議や、東京2020オリンピック・パラリンピック競技大会、さらにその先の将来を見据え、多様な主体と連携し、世界一の東京水道システムをさらに進化させ、国内外へ発信することを目的としています。

関連するプレス発表等

パンフレット

全ページ一括ダウンロード

PR映像

主な施策

No. 体系 施策名
1 東京の都市力の向上国内外への貢献 スマートメータ化モデル事業の取組
2 水素の製造と活用
3 漏水防止技術を活用した国内貢献
4 新たなロボット技術の活用
5 お客さまの理解促進
水道文化の継承
タップウォーターステーションの設置
6 ボトルディスペンサー設置モデル事業の実施
7 みんなでつくる「水源の森」事業の実施
8 東京2020大会に向けたミスト設備の導入支援
9 水道の歴史や文化に触れるツアーの実施
10 水をテーマにした絵画展の開催
11 水道カレンダーフォトコンテスト都民投票
12 資産を活用した水道事業のPR
13 危機管理への意識醸成 応急給水用資器材を使用した訓練の支援事業
14 給水訓練を活用した断水体験の実施
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る