ページの先頭です

水道事業紹介

東京水道イノベーションプロジェクトの主な施策

優れた技術・ノウハウにより成長を続ける

ミスト設備の導入支援
関係局
環境局

微細ミスト
イベント会場でのPR

概要

東京2020大会に向けた微細ミスト設備の導入支援を実施

  • 技術サポート
  • 水道料金の減免
  • 環境局と連携した設置促進PR

効果

  • 東京2020大会に向けた即時的な暑さ対策、涼しさの提供
  • 環境先進都市への貢献

スケジュール

H28年度~
微細ミストを導入する事業者への支援
技術サポート(設備設置、届出の相談受付)
水道料金の減免(ミスト使用分の水道料金の減免(1/2))
※東京2020大会期間中のミスト使用分は全額減免
イベントでのPR
この施策に関連するリンク集

IWA世界会議・展示会における東京からのメッセージ配信
関係局・関係機関
下水道局・IWA等

会議の様子(イメージ)
東京ビッグサイト(開催場所)

概要

  • 水道の世界的な国際会議開催を機に、都民の財産である東京水道の優れた取組や最先端の技術を、会議を通じて広く国内外にPRするとともに、世界の水環境の改善に向け、東京からのメッセージを発信する。

効果

  • 東京水道の優れた取組、最先端技術の効果的な発信
  • ユニークベニュー等の活用による東京らしさの演出

スケジュール

H29年度
参加者拡大に向けた様々な広報の実施・仕掛けの検討
H30年度
会議開催
この施策に関連するリンク集

水道フォトコンテスト都民投票
関 係 機 関
都立施設等

過去の入賞作品例

概要

  • IWA世界会議の機運を盛り上げるため、水道フォトコンテストの都民投票を実施

効果

  • IWA世界会議の認知度向上

スケジュール

H29年度
都立施設などに入選作品を掲出
H30年度
水道歴史館などのPR館等での直接投票に加え、インターネットなどを使用した都民投票を実施
この施策に関連するリンク集

水道のインフラを巡るツアー
関係局
産業労働局、建設局、交通局

美住ポンプ所見学
研修・開発センター
応急給水装置組立体験

概要

  • 水道インフラ施設などを巡る日本語及び外国語ツアーを実施
  • 水道の隠れた魅力を活用

効果

  • 国内外の方の水道に対する理解の促進
  • 地域の文化や自然と連携した水道の魅力発信

スケジュール

H29年度
試行実施
H30年度
IWA世界会議・展示会の一般向けテクニカルツアー実施
この施策に関連するリンク集
プレス発表

東京水道名所の選定
関係局
産業労働局

村山貯水池
駒沢給水所の配水塔

概要

  • 東京水道が培ってきた技術の存在をベースにして、歴史的価値、景観的価値又は自然的価値が高く、東京水道に対するお客さまの理解と親しみに向上に資するものを「東京水道名所」として選定
  • 名所を水道局の魅力として、様々な機会を捉え発信

効果

  • 東京水道に対するお客さまの理解と親しみの向上

スケジュール

H29年度
都民意見募集
東京水道名所決定
既存の広報媒体を活用したPR
インフラツアー行程として活用等
この施策に関連するリンク集
プレス発表

国内の水道事業体への貢献
関 係 機 関
日本水道協会等

概要

  • 多摩地区水道事業の都営一元化を進める中で蓄積してきた知見等を他事業体と共有できるよう、支援モデルを検討
  • 多摩島しょの小規模事業体に対し、関係部局と調整の上、ニーズに合わせた技術協力等を実施
  • 他事業体からの要請に基づき、情報提供、技術協力等を実施し、広域化に係る知見等を積極的に発信・活用

効果

  • 国内水道事業体が抱える課題解決への支援
  • 課題解決への支援を通じ、水道局及び監理団体の能力向上

スケジュール

H29年度~
都内水道事業体への貢献
全国水道事業体への貢献

東京水道の技術情報の発信強化
関 係 機 関
政策企画局、大使館等

東京水道技術マガジン(第1号)

概要

  • 国内外に広く局の取組を発信し、IWA世界会議・展示会開催等の機運の向上や東京水道の高い技術、ノウハウのPRを図る
  • 東京水道の技術情報を集約し、日英版、SNS発信を特徴とした東京水道技術マガジンを発信する(全7号)

効果

  • 東京水道の施設整備や技術力を広くアピール
  • SNSを活用した新たな広報チャネルの開拓
  • IWA世界会議開催の機運向上

スケジュール

H29年度
東京水道技術マガジンの内容の検討及び配信
(9月、12月、3月)
H30年度
IWA世界会議・展示会開催記念号配信
(年度末で事業完了)
この施策に関連するリンク集

東京水道の人材(財)育成の拡充
関係局・関係機関
監理団体・他事業体

東京水道を支える人材(財)
人材交流(イメージ)

概要

  • 基幹ライフラインとして都民生活と都市活動を支えるため、現場経験に裏付けられた人材(財)の確保・育成に取り組み、様々な課題に対応できる強固な人材(財)基盤を確立

効果

  • 現場経験に裏付けられた総合的な実務運営能力の育成
  • 現場の状況に応じた臨機応変な対応力の向上
  • 全国水道事業体の人材の底上げ
  • 俯瞰的に水道事業全体を捉える視野を持った人材の育成

スケジュール

H29年度~
配置管理を通じた育成等、人材(財)の計画的な確保・育成の実施
OJTの充実、強化等、現場経験等を通じた知識・技術の修得を推進

HPの刷新、多言語化
関 係 局
生活文化局

写真

概要

  • 音声読上げ機能や多言語化、アクセシビリティ向上等により、多様な社会への情報公開を推進

効果

  • 多様な主体への情報公開
  • 全庁の情報公開の動向を踏まえた整備

スケジュール

H29年度~
局HPの音声読上げ対応
H30年度~
局HPの多言語化

海外水道事業体への貢献
関 係 機 関
JICA、監理団体

訪日研修の様子

概要

  • 東京水道の技術力・事業運営力を活用した海外諸都市の水道事業の改善及び海外水道事業体の人財育成への貢献
  • 途上国にあるニーズに多角的に支援できるよう関係機関等と連携して実施

効果

  • 途上国のニーズに応じた効果的な貢献の実施
  • 世界の水事情の改善

スケジュール

H29年度~
訪日研修の受入れ、技術協力事業の実施(継続)
連携方法の検討実施
プレス発表

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る