ページの先頭です

水道事業紹介

研修・開発センター

研修内容の紹介

研修の基本的な考え方

1 研修の目標
  • 目標1 少数精鋭時代を担う人材の育成

  • 目標2 業務ノウハウ及び技術・技能の継承と向上

  • 目標3 水道界をリードできる人材の育成

2 研修運営の方向

(1) 長期的視点に立った人材育成

  • 「各職層に求められる基本的役割・能力」を明確にした職層別研修の実施
  • 到達目標レベルを明確にした実務研修の実施
  • 事務・技術の別や、業務分野を越えた研修の実施
  • 自己啓発の支援
  • 公的資格取得の支援

(2) 研修PDCAの確立と効果的な人材育成

  • 研修効果評価手法の整備
  • 研修講師養成体系の整備と講師養成研修の効果的活用
  • 研修受講記録・研修講師記録のデータベース化
  • 研修推進会議の活用

(3) 体験型研修の充実と効果的な研修手法の導入

  • 実技・演習を取り入れた体験型研修の充実
  • 職員教育訓練システムによる危機管理・事故対応能力向上研修の実施
  • OJT推進のための支援
  • e−ラーニングの検証と拡大
  • ナレッジバンクの充実と活用

(4) 監理団体と連携した人材育成

  • 監理団体社員の局研修受入体制の充実
  • 双方のニーズに即した共同研修の実施
  • 連携した研修実施のための連絡会の設置

(5) 国内外水道界への貢献に資する人材育成

  • 国際展開に資する人材の早期育成
  • 海外等からの研修生に対するニーズに応える研修の実施
  • 国内外の水道関係機関と連携した研修の実施
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る