ページの先頭です

水道事業紹介

新たなPFI事業の取組について

項目 内容
名称 朝霞浄水場・三園浄水場常用発電設備等整備事業
内容 常用発電設備(コージェネレーションシステム)を建設・運営し、平常時には電力及び熱を、震災時には電力を供給する。
次亜塩素酸ナトリウム製造設備を建設・運営し、次亜塩素酸ナトリウムを供給する。
浄水処理の過程で発生する発生土を有効利用する。
規模 朝霞浄水場 常用発電設備 現行契約電力(最大42,900kW)の約50%
加温必要熱量 平均 約2,300GJ/月
次亜塩素酸
ナトリウム
製造設備
供給能力 約2,300kg-cl2/日(塩素換算)
発生土
有効利用
年間発生土量(約20,000w-t)のうち民間事業者が提案する量
三園浄水場 常用発電設備 現行契約電力(最大4,400kW)の約80%
加温必要熱量 平均 約900GJ/月
発生土
有効利用
年間発生土量(約 7,000w-t)のうち民間事業者が提案する量
期間 20年間 (建設開始 平成14年度末、運用開始 平成16年度末)
PFI
事業類型
サービス提供型
BOO(Build Own Operate)方式
事業期間終了後、民間事業者が設置した設備を撤去し、事業場所を設置前の状況に復帰する。
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る