ページの先頭です

水道事業紹介

東京タップウォータープロジェクトについて

 平成26年6月1日に始動した東京タップウォータープロジェクトは、安全でおいしい水を「つくり・届け」、その取組をお客さまに「伝える」とともに、お客さまご自身に水道水の良さを再発見していただく、「伝わる」ことを意識したプロジェクトです。

1 背景

 東京都水道局では、これまで安全でおいしい水をつくり届けるため、様々な取組を進めてきました。平成25年度に東京の水源の約8割を占める、利根川水系高度浄水100%導入を達成し、飲み水としての水道水に対するお客さまの満足度も向上しました。

 しかしまだ、水道水に対する不満や不安をお持ちの方もいらっしゃいます。

 そこで、お客さまの水道水に対するご理解を一層深めていただくため、「安全でおいしい」に加え、環境や家計にやさしいことなどの新たな視点から、「東京タップウォータープロジェクト」をスタートすることとなりました。

2 プロジェクト概要

(1)取組の視点

(2)主要施策

つくり

届ける
水源 水道水源林の適正な管理
浄水 徹底した水質管理
配水 残留塩素の低減化
水道管の計画的な取替え
給水 貯水槽水道の適正管理推進
直結給水化の推進
伝える

伝わる
PR
 水道ニュース
 車両内放映
 水道キャラバン  他
体験・体感!見える化
 水道水質モニター
 水道水飲み比べ体験
 浄水場体験ツアー  他
ブランド戦略・海外都市との連携
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る