ページの先頭です

水源・水質

安定した水源の確保

→降水量 →東京の水道水源 →水道水源林 →水源施設

降水量

少ない国民1人当たりの降水量

 日本は、世界でも有数の多雨地帯であるアジアモンスーン地帯に位置しています。日本の年平均降水量は1,690ミリメートルで、世界の年平均降水量約810ミリメートルの約2倍となっています。しかし、国土が狭く人口が多いため、国民1人当たりにしてみると約5,000立方メートルであり、1人当たりの世界平均約16,000立方メートルの3分の1程度となり、諸外国に比べ必ずしも恵まれているというわけではありません。
 また、日本の降水量には地域差があり、東京が位置している関東臨海地域の年平均降水量は1,571ミリメートルで全国平均を下回っています。

水を利用する上でも不利な国

 日本の地形は急しゅんなため、河川の流域が狭く、こう配も急です。このため、河川の流量の変動が激しく、雨が降ると急増し、雨がやむとたちまち減少してしまいます。
 また、日本の気象特性から、河川の流量は梅雨期、台風期及び雪解けの時期に多く、季節によって大きな開きがあります。
 こうしたことから、日本は、水利用を図るには不利な条件にあるといえます。

グラフ:世界と日本の河川縦断こう配

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る