ページの先頭です

水源・水質

水源地を通じた社会とのコミュニケーション

水源地を通じて、より積極的に多様な主体とのコミュニケーションを図るとともに、水道水源林に関する情報発信を行い、親しまれる水源地を実現し、安全でおいしい水づくりへの理解につなげていきます。

以下ではこれらの一部について紹介をします。

参加してみよう
水源地来訪者への広報の充実 「水源林ふれあいウォーク」

水道水源林内に整備した散策路「水源地ふれあいのみち」で毎年「水源林ふれあいウォーク」を開催しています。

このイベントでは、職員の案内で実際に水道水源林を散策し、森と水の関わりや水道水源林の大切さなどの理解を深めていただいています。

参加してみよう
ボランティアによる間伐作業
ボランティアと協力した森づくり「多摩川水源森林隊」

多摩川上流域の手入れの行き届かない民有地の人工林を、緑豊かな森林に再生するために、ボランティアの方々の協力を得て森づくり活動に取り組んでいます。

高校生の奉仕体験活動
出前授業
環境学習への支援

水源地や環境をテーマにした学習を支援するため、小学4年生を対象とした学習支援教材を作成し、希望する学校へ配布しています。

また、職員が直接小学校へ赴いて、水道水源林に関する説明を行う出前授業、高校生や大学生を対象とした水源地の森林保全活動体験も実施しています。

地域社会と連携した水源地のPR

水道水源林の管理には、地域との連携が不可欠です。このため、地元自治体が主催するイベント等に参加し、水道水源林のPRを行うとともに地域の方々との協力関係を深めています。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る