ページの先頭です

水源・水質

第11次水道水源林管理計画

東京都水道局は、長い時間の掛かる森林の育成を計画的に行うため、現在、第11次水道水源林管理計画(計画期間平成28年度~37年度)を策定し、これに基づいて、適切な管理を続けています。

目的

多摩川上流域において、その全域を見据えた森林の育成・管理により、安定した河川流量の確保及び小河内貯水池の保全を図ります。

また、豊かな自然環境を次世代に引き継ぐとともに、親しまれる水道水源林を通じて東京水道への信頼を醸成します。

基本方針

  1. (1)多摩川上流域の森林が持つ機能(水源かん養機能、土砂流出防止機能、水質浄化機能等)のより一層の向上を図るため、森林整備を推進します。
  2. (2)水道水源林に関する情報の発信や多くの方々とのコミュニケーションを通じて、水源地保全の重要性や水道事業への理解の促進を図ります。
  3. (3)水道水源林の適正な管理などを通じて、地球温暖化緩和などの環境保全に貢献します。

第11次水道水源林管理計画

以下よりPDFファイルをダウンロードすることができます。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る