ページの先頭です

水源・水質

要検討項目(抜粋)の結果

ダイオキシン類

 要検討項目として、目標値1pg-TEQ/L(暫定)が設定されています。
 当局のこれまでの検査結果では、すべての地点で目標値を下回っています。

内分泌かく乱化学物質

 要検討項目として、フタル酸エステル類やフェノール類など6種類について目標値が設定されています。
目標値の詳細はこちら
 当局のこれまでの測定結果では、すべての地点で目標値を下回っています。

その他の要検討項目の水質検査結果については、水質年報をご覧ください。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る