ページの先頭です

水源・水質

残留塩素の低減化

残留塩素の適正な管理

 水道水中には、衛生面から消毒用として塩素を入れています。一方で、塩素はカルキ臭の原因の一つとなることから、水道局では「おいしさに関する水質目標」を独自に定め、残留塩素濃度を必要最低限の0.1mg/L以上0.4mg/L以下としています。この目標を達成するため、都内131箇所の自動水質計器により日々の水質をチェックし、残留塩素の適正な管理を実施していきます。また、そのデータを毎日ホームページでお客さまにお知らせします。

給水所における追加塩素の注入

 水道水の残留塩素は時間の経過とともに減少するため、浄水場から遠く離れた地域でも必要最低限の残留塩素を保持できるよう、浄水場で適切な濃度の塩素を注入しています。そのため、浄水場付近では残留塩素濃度が高くなってしまう場合もあります。
 そこで、水道水を各地域へ送る拠点である給水所に、塩素を追加注入できる設備を整備することで浄水場での塩素注入量を低減し、浄水場からの距離にかかわらず、残留塩素濃度がなるべく低く保たれた水道水を提供していきます。
 追加塩素注入設備は、平成24年度までに計画通り12箇所へ導入しました。

図
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る