ページの先頭です

水源・水質

トピック第4回 ISO/IEC17025とは?

ISO/IEC 17025とは?

 東京都水道局では、「ISO/IEC 17025」を認定取得しています!
 そもそも「ISO」って何でしょうか?

1)ISOとは?

 「国際標準化機構」などと訳される国際機関のことで、その歴史は古く、1947年、スイスのジュネーブに本部を置き、発足しました。
  国際標準化は、製品や技術など、国際的に統一した規格(ルールのことです)であり、今や私たちの生活に広く浸透しています。
 なお、「IEC」とは国際電気標準会議の略称で、電気・電子に関わる国際規格を作成しています。

2)様々なISO

 ISOには様々な種類がありますが、私たちの生活で身近なものには、カメラの感光度(ISO100・400など)があります。
 また、最近様々な会社でISOの認定を取得しています。
 その中でも、企業が環境に配慮した経営や活動を行うための業務の仕組みを規格化したISO14001やお客さまが満足する製品やサービスを供給するための品質管理に関する規格ISO9000などが有名です。
 なお、ISOの後ろにつく番号は、各標準化規格のコード番号を意味し、規格の発行順に番号をつけて来たと言われています。

3)ISO/IEC17025とは?

写真
重金属の分析

 ISO/IEC17025は、「試験所の検査能力に関する国際規格」を指します。
 近年、お客さまの質に関するニーズが高まっており、安全でおいしい水をお届けするためには、きめこまかい水質管理が極めて重要です。
 そこで、東京都水道局では、お客さまにお届けしている水道水などの水質検査を行う水質センター及び多摩水道改革推進本部において、この国際規格の認定を取得しました。
 この規格の認定取得により、東京都水道局の検査能力が国際的に認められ、より信頼性の高い水質検査結果が客観的に保証されます。

※取得の範囲は、飲料水分野の金属類及び揮発性有機化合物の検査です。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る