ページの先頭です

トピックス

荒川水系上流ダム群の渇水について

現在、都の水源の一つである荒川水系上流ダム群の貯水量が低下しており、7月5日(水)午前9時より、荒川水系の10%取水制限が実施されています。
都の主な水源は利根川水系等であり、荒川水系の割合は約4%にとどまっていることから、都民の皆様に対する給水への影響はほとんどありません。
皆様には、引き続き、日頃からの節水に御協力いただきますよう、よろしくお願いいたします。

1荒川水系ダムの貯水状況

貯水量4,793万m3、貯水率59%、平年比で62%(7月4日(火)午前0時現在)

水源地の貯水量情報等は、当局ホームページの「貯水量情報」及び「水源情報ダイヤル」で確認いただけます。

  1. (1)水道局ホームページ 貯水量情報(各ダムの貯水量・貯水率ほか)
  2. http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/suigen/suigen.html

  3. (2)「水源情報ダイヤル」(水系別の貯水量・貯水率)
  4. 電話番号03-3528-3900

2節水の方法について

当局ホームページ「節水に御協力を」ページで紹介しています。

http://www.waterworks.metro.tokyo.jp/kurashi/shiyou/sessui.html

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る