ページの先頭です

事業者の皆さまへ

「メータクロス」に注意


 メータの新設や検満引換、材質改善工事などで、メータを本来設置すべき場所と取り違えて設置することを「メータクロス」と言います。
 「メータクロス」は検針時に発見しにくいため、長期にわたって誤検針、料金誤請求を起こす原因になります。
 複数のお客さまの料金をクロス請求してしまうため、一方は過大請求、一方は過小請求となり、多大なご迷惑をおかけして、水道局の信頼も損なってしまいます。

メータ番号を施工前に引換票や取付票に記入して施工後に確認しなかった。

たくさんのメータが並んでいた。確認せず取付・取外しをまとめて作業した。メータ番号を引換票や取付票に誤記入した。

メータクロスの防止策

メータクロスはなくさなきゃね!

  • 1個ずつ、確認しながら施工しましょう!
  • 識別票などを活用して取違えをなくしましょう!
  • 施工後も必ず再確認しましょう!

問い合わせ先

給水部 給水課

  • 電話: 03-5320-6431

多摩水道改革推進本部
調整部 技術指導課

  • 電話: 042-548-5391

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る