ページの先頭です

広報・広聴

多摩水道ウォーキングツアー

 多摩地区の水道は、その歴史的経緯から、大小様々な施設や設備が、街中に多数点在しています。
 それらを実際に歩いて巡ることで、水道事業への理解とともに多摩水道への親しみを感じていただくことを目的として、多摩水道ウォーキングツアーを実施しています。

平成30年度 多摩水道ウォーキングツアーを実施しました!

多摩水道ウォーキングツアーを実施しました!

当日の様子

羽村取水堰では、歴史や投渡堰(なげわたしぜき)の仕組みについて解説すると、参加者は興味深く耳を傾けていました。
歩道にある消火栓のマンホールを開け、内部を見てもらいながら、消火栓等を活用した応急給水について説明をしました。

参加された方の感想

  • 発災時の対応の話等、気付きが多かった。
  • 福生武蔵野台浄水所(災害時給水ステーション)を初めて知った。
  • 職員の案内で、各設備の役割がとてもよくわかり、勉強になった。
  • 安心して水道水を飲み続けていきたいし、周囲の人達にもPRしていきたい。
  • クイズがあり楽しかった。理解も深まった。
  • 天気も良く、気持ちよくウォーキングできた。
多摩水道ウォーキングツアーにご応募、ご参加いただきありがとうございました!

関連ページ

問い合わせ先

多摩水道改革推進本部調整部経営改善課

  • 直通: 042-548-5362

PCサイト表示

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る