ページの先頭です

広報・広聴

平成22年度第2回水源林ふれあいウォークを開催しました

テーマ:『水源林で紅葉を満喫しよう』

 この事業は、水道水源林内の散策を通して、水の大切さや水道水源林の役割を実感していただくために実施しているものです。
 今回は、『水源林で紅葉を満喫しよう』をテーマに開催しました。

◆ 開催日
平成22年10月23日(土)
◆ 場所
◆ 参加人数
都営水道をご利用の方 39名

位置図

当日の様子

柳沢峠ゾーン 水をためる働き
天候に恵まれ、紅葉が見頃を迎えた「柳沢峠ゾーン」で、赤や黄に染まった木々の葉を眺めながらゆっくり散策しました。 水道水源林が持つ「水をためる働き」について、看板を用いて説明し、参加された方々に理解を深めていただきました。
カエデのワークシート 漂ってくる香り
散策中にカエデの落ち葉を拾い、写真を記載したカエデのワークシートを用いて種類を見分けました。 モミなどの針葉樹の葉を数種類用意し、葉をちぎると漂ってくる香りをかぎ比べていただきました。
水をきれいにする働き 多摩川源流部の山並み
冷たい沢の水に触れながら、水道水源林が持つ「水をきれいにする働き」について理解を深めていただきました。 見晴らしの良い場所で、秋空の下に連なる多摩川源流部の山並みを眺めました。

参加された方の主な声

  • 本当に楽しい心が和む一日だった。
  • 知らないことを学びながら、空気·風景が良いところを散策でき、気持ち良かった。
  • 木の香りをかいだり落ち葉拾いをしたり、また直接木に触れるなど楽しみながら勉強ができ、改めて森林の大切さを学んだ。
  • カエデだけでもたくさんの種類があり、豊かな自然が東京の水を育み、守ってくれていることがわかった。
  • お天気にも恵まれ、職員のみなさんの丁寧な案内で楽しく歩くことができた。帰ったら身近な人たちに宣伝しようと思う。

「水源地ふれあいのみち」について

 今回、水源林ふれあいウォークを実施した「水源地ふれあいのみち」は、東京都水道局が水道水源林内に設けている散策路です。四季折々の水道水源林の自然を楽しむことができます。是非足を運んでみてください。

夏の「柳沢峠ゾーン」
夏の「柳沢峠ゾーン」
秋の「柳沢峠ゾーン」
秋の「柳沢峠ゾーン」

水源地ふれあいのみちのページヘ

問い合わせ先

水源管理事務所
技術課計画係

  • 電話: 0428-21-3897(直通)
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る