ページの先頭です

広報・広聴

平成24年度第1回水源林ふれあいウォークを開催しました

テーマ:『おいしい水のふるさと「水道水源林」を歩こう』

 この事業は、水道水源林内の散策を通して、水の大切さや水道水源林の役割を実感していただくために実施しているものです。
 今回は、『おいしい水のふるさと「水道水源林」を歩こう』をテーマに開催しました。

◆ 開催日
平成24年8月4日(土)、8月8日(水)
◆ 場所
◆ 参加人数
都営水道をご利用の方 4日:33名、8日:38名

位置図

当日の様子

4日は、天気に恵まれ、8日は、曇りでしたが、森の涼しさ、清涼感を感じながら、森の中をゆっくり散策しました。 水道水源林の役割である「水を蓄え、浄化し、ゆっくり流出する」ことを看板を用いて説明し、理解していただきました。
ブナの幹に触る様子
大きなブナの幹にさわるなどして、自然に親しんでいただきました。 モミなどの樹木の葉の香りを嗅いだり、樹皮を味わうなど、様々な自然体験をしていただきました。
多摩川源流部の山並み 樹木の観察
見晴らしの良い場所から、笠取山など多摩川源流部の山並みを眺望し、水道水源林の広さを実感していただきました。 各所において、樹木の名前や特徴を説明し、水道水源林をより身近に感じていただきました。

参加された方の主な声

  • 水源林の管理により保水され、土砂崩れもなく、洪水もしない、きれいな水にろ過され、私達の所まで美味しい水を届けてくれる源だとわかった。
  • 実際に木や枝、葉にふれて、味わって、自然の大切さや不思議さ、ありがたさが良く分かった。
  • とても自然とふれあえて、水にふさわしいところだと思った。ずばりふるさと。
  • どのようにして私達の利用する水が守られているかを、身近に体験することができて良かった。
  • 森林浴をしながら、いろいろと樹木の説明が聞け、とても気持ちの良い時間を過ごすことができた。
予定

「水源地ふれあいのみち」について

 今回、水源林ふれあいウォークを実施した「水源地ふれあいのみち」は、東京都水道局が水 道水源林内に設けている散策路です。四季折々の自然を楽しむことができます。是非足を運んでみてください。

夏の「柳沢峠ゾーン」
夏の「柳沢峠ゾーン」
秋の「柳沢峠ゾーン」
秋の「柳沢峠ゾーン」

水源地ふれあいのみちのページヘ

問い合わせ先

水源管理事務所
技術課計画係

  • 電話: 0428-21-3897(直通)
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る