ページの先頭です

プレス発表

平成29年9月7日 水道局

平成29年度東京都水道歴史館「秋の特別企画展」のお知らせ

東京都水道歴史館では、東京文化財ウィーク2017(10月28日~11月5日)にあわせて、東京都指定有形文化財である『上水記』(古文書)を公開する「上水記展」と、東京水道の発展を紹介する「水道歴史展」を同時開催いたします。

上水記展~地下に遺された江戸の上水道~

「上水記」第2巻絵図の画像

東京都指定有形文化財(古文書)である『上水記』を全巻公開します。実物を目にできるのは、年に1度、東京文化財ウィークのこの機会のみです。
本物がもつ精緻な美しさを、この機会にぜひご覧ください。

『上水記』…10巻からなり、寛政3年(1791年)に、玉川上水や神田上水などに関係した文書を編纂収録した、江戸時代の水道システムを記録した貴重な資料です。『上水記』は3部作成されましたが、全巻が残っているのは、東京都が保管している1部のみです。

水道歴史展貯水と水道~小河内ダム竣工60周年~

完成直後の小河内ダム

本年は、昭和32年(1957年)の小河内ダム(奥多摩湖)竣工から60周年にあたります。

このことから、江戸時代からの貯水の歴史とともに、小河内ダムの計画から竣工、その後の活用の歴史などを映像や実物資料を交えながらグラフィックパネルで紹介します。

【開催期間】平成29年10月28日(土)~11月5日(日)
【開館時間】午前9時30分~午後5時(入館は午後4時30分まで)
【入 館 料】無料

関連イベントも開催します!                  どちらも参加無料、お申込み不要

■ 講座『上水記』を知る
(開催に先立ち『上水記』の解説と展示の見どころを歴史館学芸員が事前にご紹介します。)
【開催日時】平成29年10月7日(土) 午後2時~ [30分程度]

■ 学芸員による展示解説
※各回同内容です
【開催日時】平成29年10月28日(土)、11月3日(金・祝日)、11月4日(土)
各日午前11時~/午後2時~ [各回30分程度]

東京都水道歴史館水道歴史館ホームページhttp://www.suidorekishi.jp/

休館日:毎月第月曜日(月曜日が休日の場合はその翌日)

住所:文京区本郷二丁目7番1号電話:03-5802-9040

交通:JR「御茶ノ水」駅、地下鉄丸ノ内線・大江戸線「本郷三丁目」駅
(自家用車用の駐車場はありません。)

問い合わせ先

サービス推進部サービス推進課 

  • 電話: 03-5320-6326
ページの終わりです
ページの先頭へ戻る