ページの先頭です

水道事業紹介

水道局の震災対策

1 被害想定

 都は、東日本大震災を踏まえ、平成24年4月、「首都直下地震等による東京の被害想定」を発表しました。これによると、水道にも以下のような被害が生じると想定されています。

想定地震 地震の規模 断水率
東京湾北部地震 マグニチュード(M)7.3 34.5%
多摩直下地震 M7.3 36.9%
元禄型関東地震 M8.2 45.2%
立川断層帯地震 M7.4 13.3%

2 震災等への対策

 東京都水道局では、震災等が発生した場合においても水道が使えるよう、震災対策を主要施策の一つとして位置付け、予防対策及び応急対策の両面から計画的に対策を実施しています。

予防対策

 水道局では、震災時などにおいても可能な限り給水を確保するため、震災予防対策に関する網羅的な取組を明らかにした「東京都水道局震災対策事業計画」を定めています。この計画に基づき、高水準な水道を目指していきます。

応急対策

 予防対策を積極的に実施していますが、震災等により平常給水に影響がある場合に、一刻も早い平常給水への回復及び可能な限りの飲料水の確保を図ることを目的として、「東京都水道局震災応急対策計画(PDFファイル3.27MB)」を定めています。また、職員の危機対応能力向上を図るため訓練を実施しています。

水道局の震災対策

くらしと水道

訓練実施状況

【参考:「東京都水道局大規模災害対策指針」について】

 当局では、東日本大震災の発生を受け、平成23年6月に「大規模災害対策検討委員会」を設置し、取るべき予防対策・応急復旧対策・応急対策について検討を行い、平成24年1月に「東京都水道局大規模災害対策指針(PDFファイル1.01MB)」を策定しました。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る