ページの先頭です

水源・水質

トピック第5回 pH(ピーエッチ)とは?

pHとは?

 水道水質基準にも定められているpH。みなさんご存じですか??

1)pHについて

 酸性・アルカリ性の度合い(強さ)を表すのに、pH(ピーエッチと読む)と呼ばれる0から14までの数値を使います。
 pHの値に単位はありません。pH=7が中性で、それより数値が小さいほど酸性が強くなり、それより数値が大きいほどアルカリ性が強くなります。

2)水道におけるpH

 pHは、酸・アルカリによる水源などの汚染の確認や、浄水場における薬品注入量の決定、水道施設に対する腐食性の判定など、水道にとって非常に重要な指標です。
 pHの水道水質基準値(5.8〜8.6)は、水道施設の腐食等を防止する観点から、中性付近の値にあることが望ましいとして決められています。
 これは、化学的根拠に基づく基準ではなく、過去の実態調査で、自然水のpHがおおむね5〜9であるという結果に基づいています。

 なお、東京の水道水のpHは、平成25年度、平均7.6(6.8~8.1)でおおむね中性です。

3)身の回りのpH

 すっぱいものに酸性のものが多く、血液などは、弱アルカリ性です。
 また、酸性雨は、pH 5.6以下の雨をいいます。

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る