ページの先頭です

水源・水質

トピック第12回 ミネラルウォーター類

ミネラルウォーター類

写真

 東京都水道局では、水道水のおいしさを実感してもらおうと、高度浄水処理100%の水道水を詰めたペットボトル『東京水』をイベントなどで配布するほか、都関連施設などでも販売しています。
 今回は、ペットボトルで市販されているミネラルウォーター類についてご紹介します。

1)ミネラルウォーター類とはどんなもの?

 食品衛生法では、ミネラルウォーター類を「水のみを原料とする清涼飲料水をいう」 としており、これには、二酸化炭素を注入したもの(炭酸)、カルシウム等を添加したものも含まれます。

清涼飲料水・・・ 乳酸菌飲料、乳及び乳製品を除くアルコール分1パーセント未満を含有する飲料を指します。

イメージ図

2)ミネラルウォーター類の水質について

 食品衛生法第11条に基づく「食品、添加物等の規格基準」によって、ミネラルウォーター類の安全性が確保されています。

 ミネラルウォーター類の規定には、成分規格と製造基準があり、水質の分析項目は、除菌・殺菌工程の有無によってことなります。

ミネラルウォーターと水道水の水質規格

検査項目 成分規格適合値 水道水質
基準値等
ミネラルウォーター類(殺菌・除菌無) ミネラルウォーター類(殺菌・除菌有) 水道水 備考
一般細菌 ※1 100個パーミリリットル以下 ※1 ※1 生物汚染指標
大腸菌   検出されないこと    
カドミウム 及びその化合物 0.003mgパーリットル以下 0.003mgパーリットル以下 重金属類
水銀 及びその化合物 0.0005mgパーリットル以下 0.0005mgパーリットル以下
セレン 及びその化合物 0.01mgパーリットル以下 0.01mgパーリットル以下
鉛 及びその化合物 0.05mgパーリットル以下 0.01mgパーリットル以下
ヒ素 及びその化合物 0.05mgパーリットル以下 0.01mgパーリットル以下
六価クロム化合物 0.05mgパーリットル以下 0.05mgパーリットル以下
シアン化物イオン及び塩化シアン 0.01mgパーリットル以下 0.01mgパーリットル以下 無機物
硝酸態窒素及び
亜硝酸態窒素
10mgパーリットル以下 10mgパーリットル以下
亜硝酸態窒素   0.04mgパーリットル以下    
フッ素 及びその化合物 2mgパーリットル以下 0.8mgパーリットル以下
ホウ素 及びその化合物 ホウ酸として
30mgパーリットル以下
1.0mgパーリットル以下
四塩化炭素 0.002mgパーリットル以下 0.002mgパーリットル以下   一般有機物
1,4-ジオキサン 0.04mgパーリットル以下 0.05mgパーリットル以下  
シスー1,2-ジクロロエチレン及びトランスー1,2-ジクロロエチレン 和として
0.04mgパーリットル以下
0.04mgパーリットル以下  
ジクロロメタン 0.02mgパーリットル以下 0.02mgパーリットル以下  
テトラクロロエチレン 0.01mgパーリットル以下 0.01mgパーリットル以下  
トリクロロエチレン 0.004mgパーリットル以下 0.01mgパーリットル以下  
ベンゼン 0.01mgパーリットル以下 0.01mgパーリットル以下  
塩素酸 0.6mgパーリットル以下 0.6mgパーリットル以下   消毒副生成物
クロロ酢酸   0.02mgパーリットル以下    
クロロホルム 0.06mgパーリットル以下 0.06mgパーリットル以下  
ジクロロ酢酸   0.03mgパーリットル以下    
ジブロモクロロメタン 0.1mgパーリットル以下 0.1mgパーリットル以下  
臭素酸 0.01mgパーリットル以下 0.01mgパーリットル以下  
総トリハロメタン 0.1mgパーリットル以下 0.1mgパーリットル以下  
トリクロロ酢酸   0.03mgパーリットル以下    
ブロモジクロロメタン 0.03mgパーリットル以下 0.03mgパーリットル以下  
ブロモホルム 0.09mgパーリットル以下 0.09mgパーリットル以下  
ホルムアルデヒド 0.08mgパーリットル以下 0.08mgパーリットル以下  
亜鉛 及びその化合物 5mgパーリットル以下 1.0mgパーリットル以下 着色
アルミニウム 及びその化合物   0.2mgパーリットル以下    
鉄 及びその化合物   0.3mgパーリットル以下    
銅 及びその化合物 1mgパーリットル以下 1.0mgパーリットル以下
マンガン 及びその化合物 2mgパーリットル以下 0.05mgパーリットル以下
ナトリウム 及びその化合物   200mgパーリットル以下    
塩化物イオン   200mgパーリットル以下    
カルシウム、マグネシウム等(硬度)   300mgパーリットル以下    
蒸発残留物   500mgパーリットル以下    
有機物(全有機炭素の量) 3mgパーリットル以下 3mgパーリットル以下  
陰イオン界面活性剤   0.2mgパーリットル以下     発泡
非イオン界面活性剤   0.02mgパーリットル以下    
ジェオスミン   0.00001mgパーリットル以下     臭気
2-メチルイソボルネオール   0.00001mgパーリットル以下    
フェノール類   0.005mgパーリットル以下    
㏗値   5.8以下8.6以下     基礎的性状
異常でないこと 異常でないこと  
臭気 異常でないこと 異常でないこと  
色度 5度以下 5度以下  
濁度 2度以下 2度以下  
残留塩素 3mgパーリットル以下 0.1~1.0mgパーリットル以下   臭気
亜塩素酸 0.6mgパーリットル以下 0.6mgパーリットル以下   消毒副生成物
ジクロロアセトニトリル 0.01mgパーリットル以下 0.01mgパーリットル以下  
1.2-ジクロロエタン 0.004mgパーリットル以下 0.004mgパーリットル以下   一般有機物
トルエン 0.4mgパーリットル以下 0.4mgパーリットル以下  
パリウム 1.0mgパーリットル以下 0.7mgパーリットル以下 重金属類
混濁 確認されないこと   濁度として実施 基礎的性状
沈殿物 確認されないこと  
スズ 150mgパーリットル以下   ○※2 ○※2   重金属類
大腸菌群 陰性   大腸菌として実施 生物汚染指標

※1:製造基準(原料の水へ係る基準)で規定。基準値は次のとおり
殺菌・除菌無→ 5個/mL以下
殺菌・除菌有→100個/mL以下

※2:缶飲料の場合のみ実施

ミネラルウォーター類 水道水
  個別規格   水質基準
  一般規格   水質管理目標設定項目
    要検討項目

3)市販されているミネラルウォーター類の種類について

 農林水産省が設定した品質表示ガイドラインでは、原水の採水場所や処理方法によって、ミネラルウォーター類を4種類に分けています。

日本のミネラルウォーター類の分類
品名 ナチュラル
ウォーター
ナチュラルミネラル
ウォーター
ミネラル
ウォーター
ボトルドウォーター
または
飲用水
原水 特定の水源から採水された地下水のみ ・特定の水源から採水された地下水(鉱泉水、鉱水など)
・ミネラル成分が溶け込んでいる
・何種類かのナチュラルミネラルウォーターを混合したもの
・ナチュラルミネラルウォーターのミネラル分を人工的に調整したもの
飲用できる水 (水道水、蒸留水、河川の表流水などで飲用に適しているもの)
処理方法 沈殿、ろ過、加熱殺菌 沈殿、ろ過、加熱殺菌 沈殿、ろ過、加熱殺菌、原水のブレンド、ミネラル成分の調整、オゾン殺菌、紫外線殺菌、ばっ気(水に空気を送り込んで溶け込ませること)など 特に規定されていない

(農林水産省「ミネラルウォーター類の品質表示ガイドライン」より)

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る