ページの先頭です
  • トップページ
  • トピックス
  • 平成29年9月10日(日)に足立区で発生した、下水の三次処理水配管と水道の給水管との誤接続による処理水の水道水への混入について

トピックス

平成29年9月10日(日)に足立区で発生した、下水の三次処理水配管と水道の給水管との誤接続による処理水の水道水への混入について

このたび、下水道局の中川水再生センター敷地内において違法な無届改造工事により、下水の三次処理水※配管が水道の給水管へ接続され、処理水が一時、水道水に混入してしまうという事故が発生しました。
影響は、限定された範囲の27件であり、既に正常な水道水をご提供しておりますが、このような事故は、あってはならないことであり、安全でおいしい水の供給に長年努めている当局としても非常に遺憾であります。
該当のお客さまには、個別に丁寧な対応をさせていただいておりますが、日頃から、都営水道をご使用いただいている皆様におかれましても、今回の事故の報道により、ご心配をおかけして、誠に申し訳ございません。
このような事態が再度起こらないよう、当局としても引き続き東京都指定給水装置工事事業者に周知徹底を行うなど、違法な配管と無届改造の根絶、安全でおいしい水の供給に努めてまいります。

※三次処理水
中川水再生センターで処理し塩素を入れた二次処理水を、繊維ろ過でさらに高度に処理したもの

当該事故に関する経過等については、平成29年9月12日付プレス発表「下水道局施設内での配管の誤接続による水質事故(臭気)の発生について」をご覧ください。

なお、都内131箇所で毎日実施した検査結果をホームページで公表しています。水質検査結果については、こちら

ページの終わりです
ページの先頭へ戻る